「慶應かるた会」/「慶応かるた会」表記方法はどちら?

Hitoshi.Takano     Nov/2010

 “MIKA”(かるた会のメール・コミュニティ)上で、“「慶應かるた会」、「慶応かるた会」表記はどちらが正しいのか?”との質問があり、話題となったので、現役から「慶應かるた会」の公式ホームページとのお墨付きをもらっている立場として、ここにその結論と背景を記しておこうと思う。 

[ 結論 ]

 結論としては、正式には「慶應かるた会」である。ただし、「慶応かるた会」との表記であっても問題はない。
 昭和30年代初期の設立メンバーのI先輩、W先輩の証言で、「慶應かるた会」が正式名称ということであるので、これが結論である。

[ 背景 ]

==慶應義塾大学の一団体として==

 「慶應かるた会」が、慶應義塾大学の学生団体を母体としている団体であることは、皆さんご承知のことと思う。まずは、その視点から説明しよう。 「慶應義塾大学」は、学校法人である「慶應義塾」が設置する大学である。「慶應義塾」の学校法人としての寄付行為である「慶應義塾規約」における用字は「慶應義塾」であり、「慶応義塾」ではない。また、登記上も「慶應義塾」であり、「慶応義塾」ではない。こうしたことからも用字として正しいのは「慶應義塾」であり、「慶応義塾」ではない。
 「慶應かるた会」は、その団体の歴史の中で、慶應義塾大学の公認団体となり、独立団体を経て、21世紀を超えてから文化団体連盟の傘下団体となった。慶應義塾大学学生部では、「公認学生団体一覧」というものを作成しているが、そこには、文化団体連盟の中に「かるた会」と記載されている。
 以前は、慶應義塾大学の公認学生団体が「慶應義塾大学○○」と名乗れるというルールが あったが、昭和50年代には、慶應義塾大学団体であれば、未公認であっても「慶應義塾大学」を名乗ってもよいではないかということになり、現在にいたっている。
 したがって、大学からいえば、「慶應かるた会」は単に「かるた会」として公認されている学生団体なのである。そういう意味では「歌留多会」でもなければ「カルタ会」でもなく「かるた会」というのが正式表記である。
 慶應義塾大学の学生団体が、「慶應」なり、「慶應義塾」なり、「慶應義塾大学」を冠して名乗る上で、その表記方法を慶應義塾大学は定めていない。したがって、学生団体が自らを「慶応」と称しても、「慶応義塾」と記載しても、「慶応義塾大学」と表記しても、大学側から修正させることはない。各団体が、自分たちの見識で表記を決めればよいというスタンスである。
 慶應義塾自体も、自らが記載するものは「慶應義塾」と表記し、「慶応義塾」とは記載しないが、一般的にマスコミその他の表記において「慶応大学」等と記載されることを問題とはしない。また、創立150年事業で編集された「慶應義塾史事典」においては、タイトルこそ「慶應義塾」としてあるが、本文内では「慶応」と表記したように、世間で一般的に使用されている表記方法を使用することもある。
 したがって、「慶應かるた会」が正式ではあっても、「慶応かるた会」の表記も問題ないということである。

==一般社団法人全日本かるた協会の傘下団体として==

 私が学生だったころ、H.I先輩から、早稲田は「早稲田大学かるた会」だが、慶應は、「慶應かるた会」で、「慶應義塾大学かるた会」ではないから気をつけるように言われたことがある。
 たしかに、全日本かるた協会には「慶應かるた会」で手続き書類を提出している。しかし、全日本かるた協会のほうでは、「百年史」や「かるた展望」、「会員名簿」等においては「慶応かるた会」と記載されている。
 実際、社団法人化以前には、全日本かるた協会宛の申請書類に「慶応かるた会」と書いたこともあったようだが、私の知る限りでは、社団法人化以降の提出書類には、手続きにあたる学生責任者は「慶應かるた会」と記載しているものと認識している。
 これも、「慶應」表記を他者が「慶応」表記とすることはかまわないとの考え方で、別に全日本かるた協会に表記訂正を申し入れることもしていない。

[ 最後に ]

 個人的見解になるが、この自分たちはこのような表記をするが、他者が一般的な表記をするのは構わない、また、学生団体の表記方法も自分たちの判断でよいという、慶應義塾のこだわりのない姿勢は、非常に融通の利くよい姿勢だと思う。
 競技かるたにおいても、こうしたフレキシブルな姿勢がいかされればよいと願っている。


** 余談 **
 なお、W大学出身の方から次の突っ込みがあったことも記しておく。
 “もともと「応」と「應」は同じ字じゃないか、とも言えますし、常用漢字ではない「應」は人名でもないから公的な場では使うべきではない、とも言えます。”
 このように、この文章を読んだ方々もいろいろに感想を持たれることであろう。その感想をうかがうのも、また、興味深いことである。
koisucho(at)yahoo.co.jp    “(at)→@に変換”