"Breakthrough"考   "番外編"

"Breakthrough"考(番外)  -腑に落とす-

Hitoshi Takano   Jan/2016

テーマ:技術・理論を自分のものとするために

 "Breakthrough"について、いろいろ書いてみたが、何か書き足りない部分があるのではないかと感じていた。 たぶん、一つではないのかもしれないが、とりあえず番外編として思い浮かぶことを書きたいと思う。 再び、お付き合いいただきたい。

 サブタイトルは「腑に落とす」である。通常は「腑に落ちた」と記述されることが多いだろう。 ただ、「腑に落ちた」というと受動的というか結果論的というか、本人の意思が感じられない表現なので、 あえて「腑に落とす」と自らが意図した行為として強調したのである。

 「腑に落ちる」を辞書で引いてみよう。
 岩波国語辞典では「腑」(ふ)の項に出てくる。

,呂蕕錣拭4痢覆も)・胃・腸など。⊃瓦里修魁しんそこ。「腑におちない」(納得できない)「肺腑をえぐる」「腑甲斐無(ふがい)ない」

 例文が否定形であるところが面白い。世の中では「納得できない」の意味で「腑に落ちない」と否定形で使われることのほうが多いのだろう。 だからといって「腑に落ちる」という肯定形が使われないわけではない。「納得がいった」こと、「しんそこ、『ああ、そうか』と思った」ことなど、 「腑に落ちた」とか「それで、腑に落ちました」とか使われる用例もあるのである。
 「腑に落とす」とは、半信半疑で無理やり納得することでは決してない。理解しようとする能動的な行動や思考のすえに、「なるほど、そういうことか」と 合点がいったことを「腑に落とす」と表現しているのである。

 さて、ここからが本題だが、この「腑に落とす」行為は、技術や理論を自分のものとするための"Breakthrough"なのである。

 競技かるたの技術や理論は、それこそ様々ある。初心者はもちろん、それなりの選手でも、新しい技術を習得することや、他人の理論から学ぶことは多いのである。 この時、技術を形だけ学んで、その技ができるようになったとしても、理論を取り入れて表面上その理論で競技をしたとしても、それだけでは、その技術や理論は 自分のものになったとはいえないのである。
 この段階では、その技術・理論は、まだ借り物の技術・理論なのである。言葉は悪いが「借り物」は所詮「借り物」なのである。薄っぺらいし、自分の骨肉には、 まだなっていないのである。そういう技術や理論は、いざというときにいわゆる「化けの皮がはがれる」ことがあるし、 「裏切る」ことがあるのである。
 このような他者から学んだ技術・理論を自分の技術・理論への昇華させるための"Breakthrough"が「腑に落とす」ことなのである。

 「なるほど、そうだったのか」と「腑に落ちた」ら、その技術や理論は、はじめて自分のものとなったのである。
 「腑に落ちた」とすれば、その技術・理論は借り物ではなく自分のものである。自分の技術・理論は、「腑に落ちた」という感覚と経験が厚みとなり、骨肉となる。 一度、骨肉となれば「化けの皮がはがれる」こともない。もし、はがれるとすればそれは自分自身の実力の皮がはがれるのである。
 さきほど借り物であるがゆえに「裏切る」ことがあると書いた。しかし、一度自分自身のものとなった技術・理論も、現象上は裏切られたようにみえることも 起こりうる。しかし、自分自身のものとなった技術・理論は、自分を裏切るものではない。事象的にはそのようにみえても、次へつながる思考や工夫の糧となって 進化への鍵なのである。

 競技かるたの技術も理論も、けっして一つではない、実に多種多様である。これらを必要に応じて身につけていくことは、競技者にとって実力向上のために大事なことである。 だからこそ、借り物でとどめてはならず、自分の骨肉にしなければならない。そのための"Breakthrough"が「腑に落とす」ことなのである。
 新しい技術や理論に出会ってそれを自分のものにしたければ、ぜひ「腑に落とす」ことを意識してもらいたい。

"Breakthrough"考の”INDEX”

(参考)  競技かるたにおける"守破離"


作品集のページへ
ページターミナルへ
慶應かるた会のトップページへ
HITOSHI TAKANOのTOP PAGEへ

Mail宛先