能因法師

嵐吹く三室の山のもみぢ葉は
   龍田の川の錦なりけり


決まり字:アラシ(三字決まリ)
 作者は、俗名橘永(たちばなのながやす)、26歳で出家したという。
 「都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹くく白河の関」という有名な一首については、 実際には行かずに、春からずっと人と逢わないように暮らして、いかにも帰ってきたかの ような時期にこの歌を発表したというような逸話がある。
 この逸話の信憑性はともかく、能因法師には歌枕などを巡る旅というイメージとともに いわゆる数奇者としてのイメージが漂う。
 能因の数奇ものぶりをあらわす逸話はほかにもある。藤原節信という数奇者と出会った 時に、鉋屑を見せ「長柄橋を造った時の大工の棟梁の鉋屑」と言い、節信も干からびた蛙を 見せ、「井手の蛙」と言ったという。長柄橋も井手も歌枕なのであるが、双方お互いに感心 して別れたと伝えられる。たしかの数奇者と言ってしまえばそれまでだが、私などから見ると 変わっているとしか言いようがない。
 とは言っても、能因といえば歌枕というイメージがあるのもこうした奇妙な逸話だけでは なく、歌学書「能因歌枕」を著したことにもよるのであろう。
 また、清輔の袋草紙には「和歌は昔より師なし。しかるに能因始めて長能を師とす。」と 書かれている。平安文学の研究家目崎徳衛氏はこれを「これは能因が和歌を、文章道その他 大学の諸学科に匹敵する『歌道』と自負したことを意味する。」(「百人一首の作者たち」 角川文庫)としている。長能は藤原長能という歌人である。藤原倫寧女(右大将道綱母)の 兄である。長能にも、公任に歌を批判され不食の病で死んだという逸話がある。忠見といい、 長能といい、歌詠みという者は、不食の病と縁があるようだ。
 歌の道のおける師弟関係は、この長能と能因をもって嚆矢とする。目崎氏が大学諸学科に 匹敵する「歌道」というのも、能因が橘永であったころ文章生として大学で文章道(紀伝道) を学んだからに他ならない。当時大学では、明経道や明法道といった学問分野が確立しており、 平安期には、それぞれの分野で家の学となっていた。文章道の家柄は、菅原家と大江家であり、 実際、能因は大江公資(相模の夫)など、大江家の面々と親交が深かった。
 大学では、文章道は文章博士から、明経道は明経博士から、明法道は明法博士から、算道は 算博士から学ぶことになっていた。博士のほかに教える立場としては、助教(すけはかせ)が おり、また直講といういわゆる講師もいた。律令国家において、大学については「学令」という 法律に詳しく定められている。どういう教科書をどのように学び、どのように試験するかまで 決められていた。こうしたものは、平安時代に入り時代と共に変化もしてくるが、いわゆる学問 を体系的に学ぶという根本は変わらないし、師(博士・助教・直講)から弟子(学生)に教える というスタイルも変わらなかっただろう。
 若い頃、こうした学問の道に身を置き、学問により官途を目指した能因としては、歌も同様に 体系的に師から学ぶべき道であると考え、長能を師匠としたのだろう。それは能因にとって、 自然な選択であったに違いない。能因の「能」の字は、「長能」の「能」の字に因(ちな)んで いるのである。

 歌の意味は、きわめてわかりやすい。強い風で落ちてしまった紅葉の葉が川に流れているのを 錦に見立てているのである。
 子供のころ、大人にまじって百人一首でかるた取りをしていた時に、意図的に覚えた歌も もちろん多いが、この歌は、覚えようと努力したのではなく、自然と聞いているうちに覚えて しまった歌である。実に平易で自然な歌なのである。歌合で詠まれた歌というが、変に技巧 をこらしているわけでなく、古今集などで詠まれている「三室の山」とか「龍田川」という 地名が読み込まれている程度である。歌枕といえるのかどうかは知らないが、能因的といえば いえる歌なのではないだろうか。

小倉百人一首のページへ戻る
決まり字一覧へ
2008年4月18日  HITOSHI TAKANO